受付終了

鮮やか、カリブ感覚で!モラ手芸

講師(所属): 小早川章子(宮崎ツヤ子モラ研究所)

豊中教室/TEL 06-6857-1133

キリスト教の伝来に共なって、裸族であったクナインディアンも、衣服を着ることになりました。それまでは、魔除けの為にボディペインティングをしていました。その名残りが「モラ」です。モラは今では、手芸の名や作品その物とされていますが、元々はブラウスを意味する言葉です。一番上に赤布又は黒布を使用するのは、魔除けと厄除けの為です。モラは一面びっしりと、スリット(掘り下げ式短冊)や、ライン状の模様で被われているのも、魔が隙間から入らない様にしているからです。パナマ政府より自治権をみとめられているクナ族は、今でも昔ながらの生活をおくっています。クナの女性は、一日の大半をモラ作りに費やしています。モラの1つ1つに作り手の思いが詰まっています。最初は小さな作品を通して、基本の作り方を学びます。その後は、現地のモラに触れながら新しい技法や色使いを身につけ、オリジナル作品にチャレンジしていきます。 2年に1度、教室展を開きます。作品の展示とバック等の小物の販売を予定しています。*編み物・手芸教室

講師紹介

小早川章子
講師(所属)
小早川章子(宮崎ツヤ子モラ研究所)
プロフィール
宮崎ツヤ子モラ研究所講師 モットーは「楽しく」です。教室では、出来るだけ多くのモラを見ていただき、目と体でクナ族の人達の生活やパワーを感じてもらいたいと思っています。生徒さん達がお互いに作品を見せ合い、それぞれの進歩を認め合い、出来上がった喜びを分かち合うのはとてもうれしいです。

講座の詳細

カテゴリー
創作
教室名/電話番号
豊中教室 TEL:06-6857-1133
開講期間
2019.01.22(火)〜2019.04.09(火)
曜日
火曜
時間
10:00~12:00
回数
6回
受講料
9,720円/6回(教材費別)
教材費・付帯費
教科書、ハサミ、糸一式 約6600円(初回時)。

開催日程

終了
2019.01.22(火)
終了
2019.02.12(火)
終了
2019.02.26(火)
終了
2019.03.12(火)
2019.03.26(火)
2019.04.09(火)

持ち物

持ち物
20センチの定規、紙用のハサミ、鉛筆、針山、縫い針、しつけ糸。

次回開講日

2019.04.23(火)
  • ※講座によっては既に満席の場合や、講座内容・日時などが変更(中止)になる場合もあります。表示されていない開講中の講座もありますので、詳しくは各教室にお問い合わせ下さい。
  • ※「教材費別」と表記されている講座は、原則、初回レッスン時に教材費を直接講師へお支払い下さい。
  • ※お申し込み(エントリー)の際には必ず「受講のきまり」をお読み下さい。

その他オススメ講座