おでかけカルチャー

おでかけカルチャー

リビングカルチャー倶楽部では、楽しいイベントやツアーなどを多数企画しています。
講座の仲間と一緒に、ぜひ出かけてみませんか? もちろん、一人での参加も大歓迎。素敵な思い出を作りましょう。

おでかけカルチャー

このマークの講座は動画がみれます

このマークの講座は動画がみれます

みのやの蕎麦ランチと然花抄院の甘味

受付:本部デスク 

WEB受付終了

写真はイメージ。当日の料理とは異なります

現地講座 京都漫歩&とっておきランチ

フードライター小林明子さんが案内する京都漫歩&とっておきランチ。今回は初の蕎麦ランチです。京都出身の檀野有良さんは学生時代を過ごした長野県に魅せられ、蕎麦がメインのレストランを長野県伊那市に開店。その姉妹店として4 月にオープンした、本格手打ち蕎麦と長野の食材を使う料理がいただける「室町二條 みのや」に案内します。檀野さん本人が定期的に長野に出かけ、農家さんから買い付けてくる高原野菜は新鮮そのもの。味噌からベーコン、ソーセージなどもすべて自家製です。料理を数品楽しんだ後は、名水で信州産蕎麦粉を打つ、香り深い二八蕎麦を。食後は、向かいにある「然花抄院」に移動。涼菓と抹茶のセットをゆっくり味わいます。

日時

2017.08.24

11:20~15:00 頃

詳細を見る

みのやの蕎麦ランチと然花抄院の甘味

受付:本部デスク 

WEB受付終了

写真はイメージ。当日の料理とは異なります

現地講座 京都漫歩&とっておきランチ

フードライター小林明子さんが案内する京都漫歩&とっておきランチ。今回は初の蕎麦ランチです。京都出身の檀野有良さんは学生時代を過ごした長野県に魅せられ、蕎麦がメインのレストランを長野県伊那市に開店。その姉妹店として4 月にオープンした、本格手打ち蕎麦と長野の食材を使う料理がいただける「室町二條 みのや」に案内します。檀野さん本人が定期的に長野に出かけ、農家さんから買い付けてくる高原野菜は新鮮そのもの。味噌からベーコン、ソーセージなどもすべて自家製です。料理を数品楽しんだ後は、名水で信州産蕎麦粉を打つ、香り深い二八蕎麦を。食後は、向かいにある「然花抄院」に移動。涼菓と抹茶のセットをゆっくり味わいます。

日時

2017.08.22

11:20~15:00 頃

詳細を見る

ミホミュ-ジアム特別展と寿長生(すない)の郷で昼食

受付:(株)アローズ 

WEB受付不可

橋から見た美術館(ミホミュージアム)

講師同行日帰りバスツアー

滋賀県信楽のミホミュージアムへ出かけませんか?今年の夏季特別展は戦国時代にかけて活躍した「雪村~奇想の誕生~」展覧会を開催。「雪村」は伊藤若冲や曽我蕭白などブームになった奇想の画家の元祖ともいえる人物。彼の人物画や山水画など独創的な画風、雪村の魅力を約65点の作品でお楽しみください。昼食は和菓子「叶匠寿庵」の山里にある「寿長生(すない)の郷」で、美山つづら弁当をどうぞ(少し早めの昼食スタートです)。食後にはお茶席もついています。美術館内は自由鑑賞(バスの車中で、講師のこしのきよみさんが美術館と展覧会のポイントを解説します)。申し込みはアローズ(TEL 0120-256-845)へ。

日時

2017.09.03

09:40~18:30 頃

詳細を見る

ウオーキングセラピストと歩く入洛の路「京都七口巡り」③

受付:本部デスク 

お問合わせ下さい

歴史文化のお話とともに、楽しみながら正しく歩くコツを習得(ガイドの様子)

9月~11月の各コースはこちら ★1回目 9/15(金)=【長坂口編】 秋空の下、郷愁の紫野を歩く 丹波街道の出入り口、長坂口。京の街は四方ぐるり、豊臣秀吉によって「御土居」と呼ばれる土塁で囲い込まれていました。御土居の西北端の界隈、紫野を歩きましょう。京の秋空が似合う穴場散策路です。 ★2回目 10/20(金)=【伏見口編】 驚き満載!日本のルネサンス桃山 伏見へ続く、伏見口。この地は秀吉の豪華絢爛なる桃山文化が息づくエリア。美庭、仏像、名画、名建築・・・豪華絢爛なる美芸術が今も静かに・・・桃山時代の威光を放つ。太閤秀吉の姿が浮かび上がる入洛口です。 ★3回目 11/17(金)=【東寺口編】 いろはに映える空海3Dの教え 東寺口は京の南の出入り口。ここを起点に西国街道、鳥羽街道が延びています。東寺には弘法大師空海が伝えたかった秘密の仏教が3Dで体現されています。彩葉に包まれながら、空海にメッセージに耳を澄ませましょう。

日時

2017.09.15

13:00~15:30 頃

詳細を見る

今熊野観音寺「お砂踏み法要」と澤正でのそば会席ランチ

受付:本部デスク 

お問合わせ下さい

旬の京都とグルメ旅~現地講座

京都のお寺を訪ねる旅へ。まずは今熊野観音寺で「お砂踏み法要」を。寺内に敷きつめられた四国八十八カ所の観音の砂を順に踏むと、同じ功徳を積めると言われます。「澤正」でそば会席のランチを味わったら、東山七条界隈の散策も。案内は、京都の旅・らくたび代表の山村純也さん。

日時

2017.09.21

10:30~15:00 頃

詳細を見る

「老松 喜多川」秋の特別ランチコース

受付:本部デスク 

満席

美味しいシン発見 大阪を食べる

編集&フードライター・川島美保さんの案内で「老松 喜多川」へ。「船場

日時

2017.09.22

12:00~14:10 頃

詳細を見る

熊野三山の奥の宮・ 玉置神社へ ~奈良・和歌山 有数のパワースポットを訪ねる旅

受付:(株)アローズ 

WEB受付不可

玉置神社(撮影:岡靖久)

講師同行日帰りバスツアー

奈良の南部、熊野三山の奥の院として名高い十津川村の玉置神社へ参拝に出かけます。世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に構成されている神社で、また、熊野三山にお詣りしたら必ず玉置神社にも参拝することが昔からの慣わしとなっているほど由緒ある神社です(玉置神社へは途中、小型程度のバスに乗換えてむかいます)。観光スポット「谷瀬の吊り橋」にも立ち寄り(30分程度、混雑で橋を渡れない場合もあります)。熊野本宮大社へも参拝。バスの中では、講師の南尋公さんが各神社の歴史やパワースポットについてのお話も。当日は歩きやすい服装で参加ください。※申し込みはアローズ(TEL 0120-256-845)へ。

日時

2017.09.23

08:00~20:30 頃

詳細を見る

レディースSakeサロン~入門編~

受付:本部デスク 
講座の動画がみれます

白鷹禄水苑でお酒の話と利き酒を

サロン形式のレッスンで、女性蔵元による日本酒のお話と、蔵元直送の特別限定酒の利き酒を。今回のテーマは「あなたのきき酒能力は?」です。きき酒の仕方や、お酒の種類による味や香りの違いについて学びます。 楽しいきき酒ゲームにも挑戦! 秋限定酒「冷やおろし」のきき酒は、清峰堂の九谷和グラスで。お料理はクアドリフォーリオのイタリアンのアンティパスト。講師は、白鷹蔵元・白鷹禄水苑総合プロデューサーの辰馬朱滿子さん。対象は20歳以上の女性に限らせていただきます。(対象:20歳以上の女性)。▼年間予定=応用編 11/18(土)「温度によって日本酒を味わいきる!」、応用編  3/10(土)「日本酒でキレイになる!」

日時

2017.09.24

15:00~16:30 頃

詳細を見る

パリスタイルのランチと 和洋融合のデザート

受付:本部デスク 

満席

写真はイメージ。当日の料理とは異なります

現地講座 京都漫歩&とっておきランチ

東山二条にこの春オープンした「レストランes」に、フードライター・小林明子さんがご案内。フランスで約5 年修業した河野健次さんが始めた店で、有機栽培の野菜など、旬の素材を活かすパリスタイルの料理が楽しめます。食事の後は、徒歩1 分の「カシヤ」に移動。和と洋のテクニックを駆使したアシェットデセールと飲み物を味わいます。「カシヤ」は、青山のフレンチ「ナリサワ」で修業したパティシエール・藤田怜美さんが、パリの星付きレストラン、京都の老舗「亀屋良長」を経て始めたカフェで、今は取材も受けていただけない人気店。講師とは日本帰国時以来の付き合いのため、今回のプランが実現しました。この機会をお見逃しなく。

日時

2017.09.25

11:15~15:00 頃

詳細を見る

時代祭と古民家でおばんざいランチ

受付:本部デスク 

お問合わせ下さい

歴史絵巻のような行列を観覧席で見学

京都三大祭の棹尾を飾る「時代祭」。明治維新から始まり、延暦時代まで、各時代の装束をまとった総勢2000名の行列が続きます。今回は、神宮道の有料観覧席に座って見学。見学前には、京都観光おもてなし大使・小嶋一郎さんが見どころを解説してくれます。昼食は、京都人の店主が古民家を活用して4年前にオープンした「卯さぎの一歩」で、京都の家庭料理をベースにした“おばんざい特別ランチ”をいただきます。

日時

2017.10.22

10:45~16:00 頃

詳細を見る

講師同行日帰りバスツアー 直島でアート鑑賞

受付:(株)アローズ 

WEB受付不可

地中美術館(写真提供:藤塚光政)

日帰りバスツアー 直島でアート鑑賞

秋のアート巡りは、香川県直島へ出かけませんか? 地中に埋設された地中美術館は、建築家・ 安藤忠雄の設計、クロード・モネなど3人の作家作品をご覧ください。家プロジェクトは、本村地区の空き家をアートな内装に改装した見学施設です。車中からは、黄色いかぼちゃもご覧いただく予定です。往きのバス車内では、カルチャー講師・こしのさんから今日の見どころなどの解説も。ちょっぴり船旅も満喫できる、日帰り旅をお楽しみください。 ※直島では島内移動含めて約 3~4時間の滞在予定(フェリー乗船により変更の場合も) ※家プロジェクトは時間的に全ての家アートはご覧頂けません ※地中美術館は入場予約制(10/26発=到着後20分程度の館内案内あり、10/29発=団体入場枠の都合、一部の参加者様は15分遅れで入場して頂きます) 申し込みはアローズ(TEL 0120-256-845)へ。

日時

2017.10.26

08:00~20:30 頃

詳細を見る

講師同行日帰りバスツアー 直島でアート鑑賞

受付:(株)アローズ 

WEB受付不可

地中美術館(写真提供:藤塚光政)

日帰りバスツアー 直島でアート鑑賞

秋のアート巡りは、香川県直島へ出かけませんか? 地中に埋設された地中美術館は、建築家・ 安藤忠雄の設計、クロード・モネなど3人の作家作品をご覧ください。家プロジェクトは、本村地区の空き家をアートな内装に改装した見学施設です。車中からは、黄色いかぼちゃもご覧いただく予定です。往きのバス車内では、カルチャー講師・こしのさんから今日の見どころなどの解説も。ちょっぴり船旅も満喫できる、日帰り旅をお楽しみください。 ※直島では島内移動含めて約 3~4時間の滞在予定(フェリー乗船により変更の場合も) ※家プロジェクトは時間的に全ての家アートはご覧頂けません ※地中美術館は入場予約制(10/26発=到着後20分程度の館内案内あり、10/29発=団体入場枠の都合、一部の参加者様は15分遅れで入場して頂きます) 申し込みはアローズ(TEL 0120-256-845)へ。

日時

2017.10.29

08:00~20:30 頃

詳細を見る

お散歩撮影~天王寺動物園アニマルフォト~

受付:本部デスク 

一日講座

動物の一瞬をとらえよう

天王寺動物園で撮影会を実施。自由に動く動物たちを上手く撮影する方法をレクチャーします。シャッター速度や撮影する角度など、プロによるアドバイスを受けながら、普段とは一味違う写真を撮ってみましょう。講座の終盤には、園内にて、当日撮影した写真を1枚選択し、講師が講評を行います。同じ時間、同じ場所を歩いても人それぞれ、被写体選びも撮り方のアプローチも違うのが写真の面白いところ、と講師。他の人の写真を見るのはとても勉強になりますよ。初心者でも参加可能です。13:45 に天王寺動物園・てんしばゲートに集合、16:30頃解散予定。雨天決行。デジタル一眼レフもしくはミラーレス一眼の持参が条件。コンパクトデジタルカメラでは受講できません。

日時

2017.11.11

14:00~16:30 頃

詳細を見る